SEO対策に欠かせない中古ドメイン

今、SEO対策に欠かせないこととして、中古ドメイン取得があります。

新規ドメインとの違いや、何がメリットがあるのかなど見てみましょう。

中古ドメインとは?

中古、つまり新しいものではありません。
言うなれば使い古しです。
しかしこの使いふるしだからこそのメリットが豊富にあります。
今SEO対策をスムーズに、円滑に進めるためには必須アイテムとしても知られているほどです。
中古ですので以前誰かがサイトを運営していたドメインです。
ではなぜこれを引き継ぐことが出来るのか、理由は2つあります。

なぜ中古が誕生するのか?

前のサイト運営者が、意識して手放すこともあります。
もうサイトを運営しないから、必要なくなったからなどという理由で手放すことがあります。
それともう一つはドメインというのは1年で契約更新をしなければいけません。
この更新をしなければ、継続の意思がない場合には、そのまま期限が切れてしまいます。
期限が切れたままにしておいたドメイン、これが中古として誕生します。
意識して手放す場合と、勝手に期限が切れて更新されなかった場合の2つが大きく分けると存在しているのです。

どのようにして取得運用するの?


取得方法も種類があり、無料で手に入れることができる場合と、有料でお金が必要になる場合があります。
どちらがいいのかということはなく、基準なども、それぞれにあります。
無料ならただで手に入りますのでコストはかかりませんが、有料で取り扱われているものは高値がついています。
しかし高値が付いているのにはきちんとした理由があります。
例えば以前のサイトのページランクが高かった、被リンクの数が多い、Googleの検索結果上位にあがっているサイトだったいったように、質のよいドメインは高値で専門のサイトで販売されています。
活用方法はアフィリエイトに使用したり、サテライトサイトを中古ドメイン取得してから運営したりして活用している人が多く、あまりメインサイトでは使用しない傾向にあります。


なぜ人気があるの?

高値を出してまで購入する人が居るほど人気です。
なぜ人気があるのでしょうか。
それは、高いお金を支払ってでも価値があるからです。
新規ドメインではSEO対策をしようと思うと、一からですから、時間もコストもかかりますが、中古は基盤ができているので、それをそのまま引き継ぎます。
ですから新規サイトを立ち上げてもすでに引き継がれたページランクや被リンクの情報を活用することが出来るので、立ち上げたその日に検索結果上位に表示させることもできるのです。

アフィリエイトサイトや自サイトのSEO対策には欠かせない存在となっています。

更新情報

ページ上に戻る